ブーゲンビリアを冬の花材に
ブーゲンビリアを冬の花材に

うちのブーゲンビリアは濃いピンクの苞葉で、育て始めてからかれこれ25年になります。初めの2、3年は一回り大きな鉢に植え替え丁寧に行灯仕立てにしていたのですが、その後冬に入れたフレーム内で鉢底から根をだして地面に根付いてしまってからはそのまま放任になりました。とは言え、枝が長く伸びるタイプのブーゲンビリアだった為3m4mと直ぐに伸びて帽子や服にちょっかいを出してきますし、花付きも悪くなる為、梅雨頃の剪定は必須です。フレーム内は無加温ですが、寒い間も晴れれば暖かく良く咲いていてアレンジに使う事ができます。まあ、棘の洗礼を受けたら切って花材にというパターンなのですが、こんないい加減でも大丈夫なんですよね。寒い時期に可愛い花材になるなんて育て始めた頃は知りませんでした。