サルビア セミアトラータ

サルビア セミアトラータ

いつしかボールペンばかりになっていましたが、また万年筆を使い出しています。試し書きをして太字を選びました。たっぷりふっくら書いてみたくなったのですよ。学生時代は細字にこだわり、1頁にびっしりと書き込んでいましたね。その時のものは引き出しの中ですっかり風邪を引いています。インクは変わらずにブルーブラック!で、もっと白色度が低い紙の手帳を使いたいと思うこの頃です。

どんな鞄でしたか、インクが染みた底が目に浮かびます。庭で万年筆を思い出すのはSalvia semiatrata サルビア セミアトラータの花を見る時です。

2013/13/19