ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)でクラフト

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)が無加温のフレームの下に蔓延って地面を占領しています。春から見頃の秋まで良く咲いていて条件が整えば真冬でも花を摘めます。初めは他の植物の苗にちょこんと乗っかるように生えてくっついていたもので、この紫がかった葉は何でしょう?とそのまま一緒に植えてみたものです。タデ科の多年草で草丈は5~10cm位、ヒマラヤ原産だそうですね。丈夫ですごい繁殖力、グランドカバーにするには手っ取り早い植物だと思います。それから外出した時に意識的に見てみますと踏み石の間や鉢植えなどあちらこちらで使われていました。またどう見てももう放っておかれている、なるようになれ状態の場所もありました。うちは花がない時に適当にむしるのですが、可愛らしいピンクの小さな球形の花が目に浮かびますと思った以上に残しているのでしょう ‘今’ になってしまうのです。