マーブルグレイゼラニウム

~ Pelargonium citronellum ‘Mabel Grey’

2019/01/31

センテッドゼラニウムのひとつ、マーブルグレイゼラニウム(メイベルグレイゼラニウム)は強いレモンの様な柑橘系の香りを持っています。特徴ある切れ込みの深い緑の葉、比較的大きなピンクの花にある赤紫のブロッチが目立ちます。早春の花束に入れますと香りも色も素敵です。茎は直立で次第に木質化をしていきますが、寒さのダメージや肥料切れ、根詰まり、梅雨の蒸れなどで弱っていきますのでそれらを回避するよう気を付けて育てています。下の方の葉から黄色くなり落ちていき茎の上の方に葉が数枚で花を咲かせたという年や、立ち枯れてしまった年を経験しました。無加温のフレーム内で越冬させ2月中に植替え、早春から初夏に花を見ています。生長が速く1m以上になる大型のセンテッドゼラニウムで、特に鉢植えは姿を整え葉を更新する為にも剪定と植替えは必須です。秋に挿し木をしてバックアップの苗を作っています。


 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る