ラビッジ Lovage Levisticum officinalis

〜 装飾的なセリ科のハーブ

2018/02/02

近くを通りますと薬用のような、カラメルのような独特な香りが漂うラビッジ(ロベージ)は薬用や料理などにされます。セロリに似た葉には艶があり美しく、栽植した庭では装飾的な価値もあると思います。家庭で料理に使うのであればひと株で充分な気がします。ですがとても好きなハーブな為株分けをして随分と増やしました。種まきをしてから30年になりますが寒さに滅法強い多年草で冬の間地上部はなくなりましても春少し遅くに元気に芽吹いてきます。そして黄色い花が咲く初夏には草丈2mくらいになります。早めに種を収穫して料理に使っても良いですね。

葉、茎、種、根とそれぞれの用途があり風味がとにかく強いです。加熱してもこの香りはほとんど飛びませんのでセロリと同じ感覚で使いますと料理が台無しになってしまうかもしれません。使い始めた頃は量を使い過ぎて失敗をしてしまいました。今は大丈夫。サラダやスープに、そしてオイルやお醤油に香りを移して使っています。BBQの準備をしている間、色々なハーブを束ねて刷毛を作りニンニクを加えたお醤油に浸けておき、焼き上がった熱々のお肉や野菜にさっと塗り利用することがあります。ラビッジも重宝です。



 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る