十六夜薔薇 八重咲き

〜 洒落た名付け

2018/01/28

欠け始めた月を振り仰ぎ十六夜と呟くこともない私が、名前にあります十六夜に趣を感じて育ててみた薔薇です。どんな花が咲くかはお楽しみでした。十六夜薔薇は花弁が多く花の大きさは5〜8cm位、紫がかったピンクで外側が色褪せるように咲きそのグラデーションも綺麗です。月の欠け方とは違うように思いますが、確かに花の一か所が凹む様に欠けています。月の満ち欠けの姿になぞらえた洒落た名付けですね。さて詳細なのですが、色々な記述がありはっきりと分からないままになっています。サンショウバラとコウシンバラの交雑種、サンショウバラの園芸品種、中国原産の十六夜薔薇は一重で八重咲きは園芸品種などです。

育て始めは苗木ではなく盆栽として古風な鉢に植えられコンパクトに整えられていたものでしたが、維持していくのが難しいとさっさと判断、庭に植付けました。支柱の必要はなく病害虫の心配も要らなく丈夫で、すくすく別人(笑)のように育ってくれました。樹高が低い頃から良く咲き、10年経った今は弱剪定で樹高と横張りが1.5m位に落ち着いています。ニ季咲きと書かれてもいましたがうちでは春から秋まで長く咲きます。落葉低木、枝は茶色く木質化してカクカク曲がり表面が剥がれ大きな棘があります。そして茂る小さな葉、萼には細かい緑の棘がたくさん生えておりユニークです。黄色くなる果実(偽果)は果実酒などに利用されるそうですね。庭でも美しく、花の香りはほとんどありませんが綺麗な色に乾燥をしてくれますので生け花だけでなくクラフトにも多くを使っています。



 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る