レディースマントル Lady's Mantle

〜 露が美しい葉

2017/05/12

レディースマントルはヨーロッパ原産、バラ科。ハーブの本を見ていますと、弾かれた露が光る葉や掌状の葉の中心にひと粒の露が美しい葉の写真が載っています。Dew Cup の呼び名がありますね。育てて薬効を含んだ露をコットンに取り肌にポンポンとしてみたいとくすぐられました。大きく広がった葉から「聖母マリアのマント」、「ライオンの足」などの呼び名もあります。和名はハゴロモグサ。伝説の本を読めば錬金術師にとってもこの雫は欠かせないものだったなど面白いです。

薬用の他、化粧水やクリーム、ウールの染色、若葉のサラダなどの用途もあります。このレディースマントルもそうですが、女性特有の病気に効くハーブにはレディーやマザーとつく呼び名があるものが多いです。うちで育てているレディースマントルはよく苗を見かける大き目なアルケミラ モリス Alchemilla mollis など数種類です。程好く日陰になる場所でよく育っています。耐寒性があり冬も植えたまま、株が大きくなりましたら株分けで増やしているのですよ。きれいに畳まれた葉が開いていくのを見るのは、5月6月に黄緑色の花が咲くのと同じ位にうれしいです。

レディースマントルの若葉のサラダは香りが強くほろ苦さを感じます。ハーブティーにする葉や花はドライの方が薬効が高いそうですので張り切って乾燥させておくのですよ。使用には注意が必要とのこと。美しいフレッシュのティーも飲みたいですね。植栽やアレンジ、ドライフラワーも素敵です。5月の露で顔を洗うと美しくなるという迷信がありますが折しも5月、レディースマントルの葉に集まった露ならば更に美しくなれるかしら、ネ?!



 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る