コーンフラワー Cornflower

~ ハーブクッキーやサブレに

2016/02/25

青紫と青い小花が集まって1つの花に見えるコーンフラワーは素敵なワイルドフラワーで、ハーブとしても有名ですね。学名はCentaurea cyanus、和名はヤグルマギク(矢車菊)です。薬用、食品、顔料、トニック、クラフトなど、本を繰れば様々な用途で使われてきたことが分かります。野生のものは一重咲きだそうですが、花色も草丈も様々な八重咲きも多く見かけ身近な花です。

春にカモミールと一緒に咲き出し、いそいそと摘む季節が始まります。キク科の一年草(または二年草)で、種を沢山こぼしてやがて枯れていきます。用途によっては灰緑色の細長い葉や茎も使いますね。乾燥させた青い花は長く色が残り美しいです。花が咲くとこの花を貼り付けたハーブクッキーやサブレを1度は作るのですよ。フレッシュで利用する時は収穫かごに伏せて台所に運び、しおれる前に使います。花自体にはほとんど風味はありませんがきれいな色を、アレンジ、ポプリ、サラダ、ティーなどにたくさん利用していきたいです。



 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る