リンデンフラワーの収穫

~Tilia cordata ティリア コルダタ

2010/02/06

十数年前に、鉢で育てていた何種類かのリンデンの中から散々迷ってティリア コルダタ Tilia cordataを選び庭に植えました。これはスモールリーブドライムSmall-leaved lime とかフユボダイジュとか呼ばれるものです。今では高木になり、6月の半ばからやさしいクリーム色の花を次々と咲かせ、庭は集まる蜜蜂の羽音とリンデンの香りだけになります。

リンデンフラワーはデリケートですので、咲いたらすぐに苞葉と一緒に収穫をします。素晴らしい香りと色に包まれながら無心で摘んでいますと、理屈ではなく‘安堵の中に落ちていく’感じがするのですよ。摘みたてのリンデン茶にもうっとりとしてしまいます。庭のハーブの中で一番好きな香りです。

ドライにすると香りは弱くなりますが、ハーブティー、ポプリ、クラフト、染め、ハーブ酒、チンキなどにして一年中利用しています。リンデンはライム、セイヨウボダイジュ、セイヨウシナノキ、ティヨル、バスウッドなど多くの呼び名がありますね。



 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る