ナスタチウム‘ワーリーバード チェリーローズ’
Tropaeolum majus ‘Whirlybird Cherry Rose’

~フリフリっとラブリーなナスタチウム

2010/06/15

ナスタチウム‘ワーリーバード チェリーローズ’は咲き始めの濃い色から咲き終わりの淡い色までのグラデーション、そして半八重の花がフリフリっとしているところがとてもラブリーですね。花数が多く、特に6月の庭でこぼれる様に咲く多年草です。種を購入した時の名前は Tropaeolum majus ‘Whirlybird Cherry Rose’ で、Whirlybirdシリーズのひとつのようです。他の花色も可愛くて一緒に育てているのですよ。寒さに弱く冬は室内か無加温のフレームに入れるため雪の日でも摘むことができ、コップに生けたり料理の彩りに使っています。種まき、切り戻しをして植え替え、挿し木をしてきました。

庭の椅子の背もたれを只今占領中なのですよ。初めて種まきした年はたまたまこうなりましたが、今では‘わざと’こうしています。


 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る