セロリアックチップス作り

~セロリアックの栽培

2013/05/23

肥大した根を食べるセロリアックはどう見ても‘無骨な野菜’と思うのですよ。うちで作るともっと無骨になってしまうのですが、剥けばどうにかこうにかですので毎年作る様になりました。品種による違いもある様ですね。小さくても、栽培期間が長くなっても食べることが出来ていますので、リレーで育てておき、頃合をみて収穫しています。根セロリなどいくつかの呼び名がありますね。

決して常用的にという訳ではないのですが、少し穏やかなセロリ風味のスープやチップスを知ってしまってから無性に食べたくなることがあるのですよ。5月の連休辺りに作ることが多いです。

Celeriacセロリアック栽培は、春か秋に種を蒔き、小さなうちに1度ポリポットに移植してしっかりさせてから、‘適当な鉢’に野菜の用土で定植しています。うちの菜園の環境ですと雨続きでダメになる事があるためです。

セロリアックの硬い皮を頑張って剥きましたら、スピーディーに調理すると変色せずにいいですね。時間が掛る時はレモン汁に素早く浸します。私はえぐ味が気になるので、サラダも他の調理も湯通しして下拵えをします。


【セロリアックチップスの作り方メモ】

みんなが揃ったら・・
皮を剥き、好みの厚さにスライス
塩を加えたお湯に通して下拵え(厚さで加減)
水気を切って油で揚げる (オイルを塗してオーブン、フライパンでもいいですね)
網に広げて油を切る
塩コショウ、ハーブソルトなどで味付け
盛り付けて出来立てを頂く(作り置きはできませんネ)


 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る