ハラン Aspidistra elatior

~面白い花と蕾と葉

2008/05/17

うちの偽肉まん(笑)・・・2cm程のハラン(葉蘭)の蕾です。ユリ科ハラン属の常緑多年草で地下茎から短い花茎を伸ばし地面にぎゅっと埋め込んだように付きます。

こちらは本物のハラン(葉蘭)・・・葉は葉脈がバーコードの様に平行で、偽はよくお弁当の仕切りになっているプラスチックのバランですね。

日本料理の青皆敷や料理の臭み消しや毒消しとして使われ、いけばなの花材や包丁の技を競う為の葉蘭細工にされています。

そしてギョッとするような紫色のハラン(葉蘭)の花。4月になると地面に少し埋め込まったまま咲いてきます。

その後は偽カボチャ…小さな緑のハラン(葉蘭)の果実は薬用にされるそうです。

今度は本物のハラン(葉蘭)を切り始めました・・偽バランをイメージして。

 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る