プルモナリア オフィキナリス Pulmonaria officinalis

~葉の斑点模様

2008/03/10

株分けをしたので小さいまま花を付けはじめたプルモナリア オフィキナリス(ラングワートLungwort)です。寒さに強く早春の花がうれしいですね。夏は半日陰で育てています。ボリジやアルカネット、バイパースビューグロス、ワスレナグサなど同時に色違いの花が咲くのはムラサキ科植物の特徴ですね。

このプルモナリア オフィキナリス(ラングワート)について手元のハーブの本に面白い事が書いてありました。一般的な呼び名の‘soldiers and sailors (兵士と水兵)’は赤と青という花色 が陸軍と海軍の制服の色を思わせるところからきているというのです。

また斑入りのプルモナリアの葉は、肺 [プルモリ] に似ているから肺病に・・・ということが書かれていました。それで特徴説を思い出したのですよ。(植物の医学的使用法を見つける方法の一つで、ある病気と外見的特徴が似ている植物はその病気を治す力を持つという考え方)

プルモナリアは園芸品種も多く色々植えたらきっと早春の庭が楽しくなるでしょうね。

 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る