クロモジ Lindera umbellata

~若枝で楊枝を作って

2008/01/27

クロモジはクスノキ科の薬用の落葉低木。和菓子をいただく時に使う樹皮のついた口当たりの良い、ちょっと大きめの高級楊枝(黒文字)にはこの材が使われています。
秋の紅葉は黄色で庭の陽を独り占めしているみたい。出来上がった栗の渋皮煮にはクロモジの若枝を削って作った楊枝と、赤い紅葉がうつくしいペーパーバークメイプルの葉を添えます。

楊枝を添えて

ぷっくりとした冬芽があいらしく、春には黄緑色の花が咲きます(雌株)。若枝を手折ると、春の花々をミックスした様な甘い様な心地好い香りがあり、横を通る時カチカチと噛んでしまうことがあるのですよ。そして夏は緑の葉が展開してやさしい木漏れ日を落とします。今年はまた少し大きくなってくれるでしょう。


 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る