マロウティーの水出し

~濃い青のハーブティーができるマロウを育てて

2007/12/03

午前中一つ残らず摘んでも夕方にはもう沢山咲いているマロウ。6月の庭はマロウの花が気になります。今年も夢中で収穫しました。ハーブティー用にはいくつかの種類が使われますが、濃い色になるものを育てています(Malva sylvestris ssp. mauritiana マルウァ シルウェストリス マウリティアナなど)。私は花を摘みながら引っ繰り返しに並べて干しているのですよ。早く乾き、見た目もきれいに仕上がるのです。

コモンマロウ

6月の庭のマルウァ シルウェストリス マウリティアナ

マロウの収穫


マロウティーはホットでもアイスでも楽しみます。ドライを水出しにすると青色に。更にレモンの果汁を垂らせばショッキングピンクになるのですよ。‘サプライズティー’と呼ばれるものですね。知っちゃっていてもまた・・・わ~とか言ったりする訳ですよ^^ 時間がある時に製氷皿でアイスキューブを作りストックをしておきます。

12月だというのに昨日のお休みは調子外れの暖かさで、庭の落ち葉を集めていたら冷たいものが欲しいほどでした。ガラスのポットにポンポンッとアイスキューブを入れて水を注ぐと特に味はないですが、ほら、きれいな飲み物が出来上がります。

マロウティー

マロウの氷


 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る