プルーリジールート(アスクレピアス チュベローサ)

羽毛で作るミニクッション

2009/01/25

プルーリジールートの羽毛を長いこと集めている缶を覗きながら‘もういいかな、いやいやまだ足りない’と気持ちと駆け引きをしてきましたが‘ミニでいいからこの辺でクッションを作る!’ことにしました。

手元のハーブの本にはプルーリジールートPleurisy Root 、Asclepias tuberosa アスクレピアスチュベロサ、アスクレピアス チュベローサで載っています。ガガイモ科の多年草で和名はヤナギトウワタですね。冬は地上部がなくなりますが、時期になると芽を出してまたオレンジ色のはっきりした花を咲かせます。そして花が終わるとおたのしみの羽毛が朔果から出てくるのですよ。ふわふわと高級品のシルクのようです。
集めてうん年。紅茶で染めたレースでカバーを縫いやっと詰めることができました。今日は朝からにんまり顔だったに違いありません。

プルーリジールートの羽毛クッション

羽毛

6月の庭のプルーリジールート


 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る