藍の生葉染め

~タデアイを収穫して

2008/09/21

タデアイPolygonum tinctoriumを収穫して正絹を生葉で染めました。そして庭仕事用の帽子‘シルクハット’を作ったのですよ。どうでしょう^^?

いつの日か藍染をしてみたいと育ててきましたが発酵から始めるのは大変で、素人の私には到底できそうにありません。然し摘みたてのタデアイの葉を使って‘藍の生葉染め’は簡単にできました。空気にさらす度に青に近づいていく美しさは感動的。それからというもの、9月のすかっと晴れた日に毎年染めたくなるのですよ。

帽子


藍の生葉染めの仕方をメモしておきたいと思います。

1. シルクがよく染まります。今年は白い大判スカーフ2枚で110gですので、3倍の藍(タデアイ)の生葉330gを摘みます。


タデアイPolygonum tinctorium


2. 生葉100gに対し水2リットル位を用意して数回に分けてミキサーにかけ、ガーゼの袋でこします(染料液)。


3. 湯通ししたスカーフを染料液に入れ、揺すって軽くしぼって空気にさらします。これを15分くらい繰り返すと黄緑からだんだん青色に変わっていきます。


4. 水2リットルにオキシドール40ccを加えたものに15分浸けて水洗いをし、天日干しをして完成です。


マイピク帽子作り

以前ホームセンターで買った後ろにひらひらがついている園芸用の帽子。皆に言われるのですが何気に似合うらしいのです^^; 型紙を取って新調です^^

 

Naomiの庭のハーブ Indexへ戻る