Salvia dorisiana サルビア ドリシアナ

〜 フルーツセージ

2017/03/14

春に苗を植え付けますと、秋までに株は大きくなり丈も1.5m位になります。毛の生えた明るい緑の葉はハート形で大きくなり、少し強ついたベルベットのような質感、触れると南国フルーツを色々ミックスしたような香り!がします。そして大きな明るいピンクの花が綺麗です。このサルビアはハーブの本にも載っており、花はエディブルフラワー、若葉はサラダやティーにするということです。実際に飲んでみたところ、よい香りから想像した甘味はなく苦味がありました。

非耐寒性多年草、その上短日植物と書いてある本もあります。1度は庭で大きな株のまま咲く花を見たいと、継ぎ接ぎにした段ボールを被せたり外したりと試みたのですよ。結局うちでは寒さに耐えきれず枯れてしまいました。それから十数年は庭から鉢に掘り上げて越冬をさせるばかりで花を見ることはなかったのですが、数年前から早めに強剪定して鉢植えを無加温のフレームに入れて咲かせるタイミングが分かってきました。特に段ボールなどは被せたりしていないのですよ。1月から3月位まで咲き、可愛い色をみることができて嬉しいです。Salvia dorisiana は Fruit-sented sage や Peach sage とも呼ばれ、フルーツセージ の名前でよく出回っていますね。中央アメリカにある共和国、ホンジュラスが原産だそうです。挿し木はよくつきます。


 

Naomiの庭のサルビア Indexへ戻る