Salvia disermas サルビア ディセルマス

〜 次々と秋まで咲かせる

2009/06/30

3月に入るや否や、寒さでダメージを受けていた葉は緑を取り戻し、白色の花を咲かせ始めました。花は小さく地味ながら次々と秋まで絶えることなく咲き、色々な花と一緒に生けることができます。耐寒性多年草で、草丈は60〜70cm位です。茎の下の方は木質化してゆき、夏になりますと一層多くの茎が伸びて、部分的には絡まりながら旺盛に育ち横へ横へと広がります。花を付ける茎は弓形に曲がり上を向き咲かせる姿が可愛らしいです。鉢植えや花壇などでは何度か剪定が必要になりますね。

皺のある葉はこすると草の匂いと一緒に少し薬臭さと柑橘系の香りがします。薬用としてお茶、ローションなどに使われたそうです。南アフリカ原産だそうですね。種も取れ、挿し木も容易です。


 

Naomiの庭のサルビア Indexへ戻る