Salvia spathacea サルビア スパタセア

〜 お菓子の様な甘い甘い香りの葉

2010/06/12

サルビア スパタセア (サルビア スパタケア)は、紫がかった濃い赤色の花、ユニークな苞葉とガク、お菓子の様な甘い甘い香りの葉、ドライフラワーにしてもきれい。きっとまだまだ魅力があるサルビアだと思います。hummingbird sage、crimson sage、pitcher sage の別名がありますね。カリフォリニア原産の1m以上になるサルビアです。

サルビアの本で見掛けてから長い間ラブコールを送っていましたので、種蒔きをした年は何度も様子を見に行ってしまったのですよ。本の様に豪華には咲いてはくれませんが、草丈は80cm位になり、1月から4月頃まで次々と花を見ることができる様になりました。明るい緑の葉はベタベタして、その香りにジェリービーンズを思い出します。地下茎で増え、花の終わった頃には窮屈そうになりますね。株を分けて植え替えています。挿し木もよくつきます。耐寒性はありますが、何らかの防寒をしますと花の時期もきれいな姿をみる事ができると思います。


 

Naomiの庭のサルビア Indexへ戻る