Salvia mocinoi サルビア モシノイ

〜 赤紫の萼だけでもきれい

2016/01/18

青に白が目立つ小さな花が沢山咲く冬咲きのサルビアで、メキシコ原産だそうです。Salvia rubiginosaで知られますね。冬の日差しを浴びた赤紫の萼と苞葉がきれいで、この萼と苞葉だけでも十分だと思ってしまいます。庭植えにしていた頃は秋までに1.2m位の高さになりました。そして倒れる茎も多く、地面に付いたところで根付いて広がり育っていたのですよ。然し、うちでは落ち葉のマルチでは越冬できなかっただけでなく、寒さで花を見ることもできませんでしたので、今は鉢植えにして早めに無加温のフレームに入れています。

12月に入りますと緑の萼と苞葉はやっと赤紫になり、少しすると花が咲き始めます。春の終わり頃には花も下火になり茎も葉もかなり傷んできますので、切り詰め株を分けて植え替えをします。そして夏の終わりまでに様子を見ながら何度か剪定をしてまた冬を待ちます。


 

Naomiの庭のサルビア Indexへ戻る