Salvia lanceolata サルビア ランセオラタ

〜 咲き進みながら変わる花色

2016/01/30

銀灰色の披針形の葉や茎、枝分かれをした茎の先の方に咲く大き目な花、花が終わった後の萼、どれも印象に残ります。特に淡黄色の蕾に始まり、咲き進むに従い橙色からくすんだ紅色に変わる花は綺麗です。南アフリカ原産のサルビアだそうですね。

庭に植えた事もありましたが、梅雨に傷み、花を咲かせないまま寒さで枯れてしまいました、ショボン。それからは水捌けの良い用土を使い鉢植えにして、無加温のフレームで防寒をしています。花は春から秋まで時々咲いていますが、真冬でも咲いていることがあります。1m位の高さになるそうですね。うちでは一番に育った年で60cm位の高さです。たくさんの茎が乱れる様に育つ為、今では剪定もしてしまい、更に低く30cm位で育てています。


 

Naomiの庭のサルビア Indexへ戻る