Salvia biserrata サルビア ビセラタ

〜 際立つ深い紫色の花

2015/11/16

秋にフレーム内で種を蒔き、春に鉢に定植をしました。うちでは茎が1m位に伸び、乱れる様に育ちました。支柱をしてみましたが、枝分かれした茎が次々と折れてしまう為、椅子の背もたれに倚り懸らせてそのままそっとしておくことにしたのですよ。花は比較的小さいですが花穂が長くなると沢山咲き、際立つ深い紫色で下唇にある白の模様が引き立っています。夏に折れた茎を5cm位の長さで挿し木をしておきましたら、秋には30cm位になりこちらも咲き出して綺麗です。成長は早いですね。来年はどんな風に育ててみましょうか?うちは北関東ですので、無加温のフレームで越冬させようと思います。

種の説明書きによりますと、メキシコ原産で別名はDouble toothed saw sage だそうです。biserrataも同様の意味ですね。少し皺のある明るい緑の葉も綺麗です。


 

Naomiの庭のサルビア Indexへ戻る